基  礎
 基礎は基本的にベタ基礎を採用しております。軟弱地盤に関しても十分な地盤調査を実施し、財団法人宮城県住宅保証機構等による第三者検査により安全性を確認して上で基礎の選択をしております。ベタ基礎は0.15mmシートの上に厚み150mmのコンクリートを流し込み、湿気対策及びシロアリ対策の際にも有効ですので当社においては標準で行っております。

 軸組工法
 住宅工法は古来より日本風土に適応した在来軸組み工法を採用しております。現在の優れた建築金物と融合する事により耐震性を増し、ますます堅固な住宅を提供させていただいております。

 耐震壁
 在来軸組み工法に耐震壁『MOISS TM』(三菱マテリアル社様製)を組み合わせ従来以上の耐震性を向上させました。MOISS TMはセラミックスの持つ特性を十分に活かした体力面材で木のような粘りが抜群の耐力を引き出します。地震に強い「本物の耐力面材」の登場です。

 天井断熱工法
 天井(1階及び2階)においてグラスウールを細かくした断熱材を厚さ200mmまで吹き込み、天井裏に充填しております。ブローイング工法を標準に採用いたしております。

 外(壁)断熱工法
 外部に接している壁(1階及び2階)において旭化成様製のネオマフォーム断熱材を採用いたしております。
これが俗に言う外断熱工法で冬は暖かさを逃がさず、夏は外部からの熱をシャットアウトしてくれます。日本の四季には最適かと思われます。

 屋  根
 屋根は瓦及びコロニアル及び鉄板といろいろある中でお客様のご希望のものを低コストにおいて提供させていただいております。中でもお勧めが瓦(宮城県気仙沼産)を御客様にご推薦申し上げております。

株式会社 仙台中央ハウス
〒981-3111 仙台市泉区松森字鹿島38-1 TEL 022-371-7325 FAX 022-371-6992
Copyright (C) 2005 Sendai Chuou House All Rights Reserved.